妊娠糖尿病の母体への影響:妊娠高血圧症候群、早産など

[妊娠高血圧症候群] ブログ村キーワード

(前回の記事:妊娠糖尿病とは?その原因は?

妊娠糖尿病になるとどのような影響があるのでしょうか。

これは妊婦と赤ちゃんの両方に大きな問題が起こります。

まず母体への影響ですが、高血糖は妊娠高血圧症候群のリスクを高めます。妊娠高血圧症候群とは、かつて「妊娠中毒症」と呼ばれてきた病気です。

高血圧や蛋白尿、むくみ(浮腫)といった症状が特徴で、出産のときの母体の危険性も高くなります。末梢循環機能障害によって子癇という痙攣や意識喪失などの発作を起こすこともあります。かつては年間2000人もの妊婦が亡くなったといわれている恐ろしい病気です。

また、早産や羊水過多といった症状も起こります。

このように妊娠糖尿病は、妊婦に対してもかなりの危険性を持った病気です。

しかも子供に対する影響も甚大なものがあります。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る