血糖値を下げる玉葱

PHM06_0706

血糖値を下げる食物は色々ありますが、手軽で食べやすいものといえば玉葱でしょう。

こちらの記事でも書きましたが、タマネギに含まれるサイクロアイリンやイソアイリンという成分が体内で作用して、血糖値を下げてくれるといわれています。

スポンサーリンク

父はこの話を聞いてから、ひたすら玉ねぎを食べ続けました。前回のエントリーでも書きましたが、彼は毎日1玉ずつ玉ねぎを食べるようにしたのです。2009年6月現在、この試みは続けられています。

しかし、玉ねぎに血糖値を下げる効果があるからといって、それを毎日食べ続けるのは容易じゃありません。普通に考えて、すぐに飽きてしまうでしょう。

ですから問題は、いかにして効率よく玉ねぎを摂取するかということなのです。

下手に料理をしてしまうと、今度は他の材料に含まれる糖質を気にしなければならなくなります。かといって、生で食べ続けるのはいささか苦痛です。それにドレッシングやマヨネーズは糖質が含まれているので、毎日摂取するのはあまり好ましくありません。

結局、玉ねぎをどのように調理して食べるのかが糖尿病患者にとっては問題なのです。

ここで父の採った戦略というか、採用したレシピは非常にシンプルなものでした。

tamanegi.jpg

ご覧のように、玉葱ともやしを茹でただけのシンプルすぎる料理です。いや、料理と呼んでいいのかさえ怪しいものです。これにポン酢をかけて食べます。「ポン酢は身体にいい」という情報を単純に鵜呑みにしたようです。

普通の人ならすぐに飽きが来る味ですが、彼は糖尿病を治したいという一心でこれを食べ続けました。その結果は1ヵ月後の定期健診で明らかになります。

血糖値がたしかに下がっていたのです

これが玉葱だけの力だとは言いません。父は運動療法にも積極的に取り組んでいたからです。しかし、この食生活が悪影響を及ぼしたりしなかったことは確かなようです。民間療法かと思っていましたが、玉葱も馬鹿にできませんね。

●関連記事
糖尿病の血糖値コントロールにタマネギは効果的?

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る