シュガーレスガムは血糖値を上昇させないのか?

PHM06_0528

前回は糖尿病患者もガムを噛んで良いのかどうかについて書きました。

結論だけ言えば、物によっては血糖値を上げにくいのでごく少量なら噛んで良いということです。

(参考記事:糖尿病患者はガムを噛んでも良いのか?

スポンサーリンク

最近は国民の健康意識が高まっていることもあり、シュガーレスガムを多く目にするようになりました。そこでまずはシュガーレスガムによって血糖値が上昇するかどうかについて考えてみたいと思います。

 

まず注意するべきなのは、「シュガーレス」あるいは「ノンシュガー」と書かれている商品であっても、糖質がゼロであるわけではないということです。

 

この点については多くの人が誤解しています。

 

実は「シュガーレス」といっても厳密には完全に糖類がゼロなわけではなく、食品100グラム当たり0.5グラム未満であれば「シュガーレス」と表示できるのです。

 

もちろんこれはごく微量であるので、通常はほとんど血糖値に影響を与えません。しかし糖尿病患者が沢山食べる場合には、無視できないレベルになりえます。

 

また、法律上は「糖質」ではあるけど「糖類」には含まれない天然甘味料や人工甘味料、糖アルコール類などというものも存在しています。これらは糖類に含まれないので、大量に入っていても「シュガーレス」と表記して良いのです。そしてこれらの甘味料は、種類によって血糖値を上昇させるものもあるのです

 

このように、一口にシュガーレスガムといってもその実体は千差万別であり、単純に血糖値に影響がないとはいえません。

 

各商品ごとに、どんな甘味料をどの程度使用しているのかによって判断しなければならないのです。

続き:【キシリトールガムは糖尿病患者の血糖値を上昇させるのか?

関連記事

ページ上部へ戻る