妊娠糖尿病の治療法は?

妊婦にとって恐ろしい病気である妊娠糖尿病ですが、その治療法は基本的に普通の糖尿病とあまり変わりありません。

とはいえ、普通の糖尿病と違って多くの妊娠糖尿病は出産した後にちゃんと治ります。これは病気の原因が妊娠によるホルモンバランスの問題だからです。

そのため妊娠糖尿病の治療で重要なのは、原因の除去ではなくて、妊娠中の血糖値をどうやってうまくコントロールするかです。

一般的に妊婦は運動療法を行うことが困難なので、治療の中心は食事療法になります。

妊娠糖尿病の食事療法で重要なのは、妊婦が普通の2型糖尿病の人よりも食事内容に気を使う必要があることです。

なぜなら、妊婦は単に血糖値を下げるような食事をすれば良いというわけでなく、赤ちゃんの成長に必要な栄養素もバランスよく摂取しなければならないからです。

たとえば、血糖値を上げ過ぎるのもよくありませんが、逆に下げすぎて空腹時にケトン体が算出されるようになるのも良くないそうです。

他にも妊婦に必要な栄養素や量が通常時と違ってくるので、よく医師の指示に従う必要があります。この点は、自分の健康維持だけを考えれば良い通常の糖尿病患者よりも負担が大きいと思います。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る