チョコレートが糖尿病予防に効果?食べるなら低糖質のものを!

GT098_L

[チョコレート効果] ブログ村キーワード

チョコレートが糖尿病予防に効果的だというニュースが先日出てました。

以前からチョコレートのポリフェノールが健康によいという話は耳にしていましたし、メーカーもしきりに主張していたので、この結果は特に驚くべきことではないかもしれません。

スポンサーリンク

ニュースの内容に問題が?

このニュースによれば、カカオに含まれるフラバノールというポリフェノールが、高脂肪食を摂っても体重増加が抑えられたということです。そしてインスリン抵抗性なども抑えられていたとのこと。

……でも、この書き方だと肥満防止に効果があるというだけに読めます。肥満しなかったからインスリン抵抗性にも特に影響がなかったというだけ。肥満してない人のインスリン抵抗性がどうかなるわけではなさそうに読めるのですが。

実験にも問題がある?

しかも高脂肪食というのは、必ずしも糖質が多い食事であるわけじゃないですよね。糖質がそれほどでもないなら、高脂肪食を食べても糖尿病にならないというのは、チョコレートを食べようが食べまいが一緒なはずです。

だから糖質制限食がダイエット効果を持つわけですからね。

結局、糖質がどうなのか書いてくれないと、いまいち実験の意味がわからないです。

たぶんニュース記事が不正確な書き方をしているだけで、元の実験ではきっとちゃんとやってるとは思いますが……。これを真に受けて糖質たっぷりの普通のチョコを食べまくる人が出ないか心配ですね。

まあ、記事への不満はともかく、チョコレートの中のポリフェノールが糖尿病予防になるとしても、食べるなら糖質が少ない、明治『チョコレート効果』みたいな高濃度チョコがいいと思います。

カカオ85%とか95%なら、1枚あたりの糖質量は1g前後になるはずなので、それほど血糖値に影響はないはずですから。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る