β細胞とは?

[β細胞] ブログ村キーワード
β細胞とは、すい臓にあるランゲルハンス島という部位に存在している細胞のことです。この細胞は糖尿病と密接な関係があります。

実は、β細胞はインスリンというホルモンを分泌する細胞なのです。

インスリンは血液中のブドウ糖を各細胞に運搬したり、細胞でエネルギーとして利用されなかったブドウ糖を肝臓や脂肪細胞で蓄える働きをするホルモンです。

したがって、糖尿病とは何らかの原因によるインスリンの機能不全や分泌不足によって起こる病気だということもできるほどです。

なお、β細胞は1型糖尿病と密接に関係しています。インスリンを分泌するβ細胞が、ウイルスによって破壊され、インスリンが不足して血糖値が下がらなくなるのが1型糖尿病だからです。

(参考:1型糖尿病と2型糖尿病の違いとは?

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る