糖尿病だと頻尿になる原因とは?

糖尿病の自覚症状としてよく喉の渇きや頻尿が挙げられます。しかしなぜ糖尿病だとこのような症状が起こるのでしょうか?

ポイントは高血糖状態にあります。

糖尿病患者は血液中のブドウ糖の濃度が高くなっています。すると人間の脳は身体に水分が足りないから濃度が上がっているのだと判断し、水分補給するよう促します。つまり喉の渇きを感じるわけです。

そうして喉の渇きによって水分をどんどん摂るのですが、血糖値が高い理由はそもそも水分不足ではないので、過剰な水分は排出する必要があります。

これが頻尿の理由なのです。

つまり糖尿病による頻尿は、水を飲み過ぎるから大量に出るという単純な話なのです。言い換えれば、頻尿でたこと自体に問題はないのです。

とはいえ、頻尿を放置していては別の問題が起こります。

そこで次の記事では頻尿の問題とその対策ついて書いておきます。

>>> 糖尿病による頻尿の問題点とその対策とは?

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る