運動が苦手な人でも三日坊主にならない糖尿病予防法とは?

糖尿病の予防のためには適度な運動が有効だと言われています。

しかし、週数回の運動というのは、運動が苦手な人にとって中々ハードルが高いのではないでしょうか?自分の健康のためとはいえ、苦手なことをずっと続けていくというのは難しいことです。

そこで、運動が苦手な人でも三日坊主にならない予防法をお教えします。

といっても、やることは「普段の生活の中で、できるだけ座っている時間を短くする」これだけです。

できるだけ立って歩く時間を増やすよう意識して生活するだけです。

あまりに単純すぎて気休めにしか聞こえないかもしれませんが、実はこれが糖尿病予防にとって定期的な運動よりも効果があるのだそうです。

つい最近発表された研究成果に基づいているので、試してみるだけの価値はあると思います。

(参考記事:坐位時間を短くすることが糖尿病予防に有効!?

なお、これはあくまでも予防法として効果があるというだけなので、糖尿病患者の運動療法のかわりになるものではないと思われます。

もちろん一定の効果はありそうですけど、運動療法には血糖値を下げる直接的な効果があるので、代替にはならないでしょう。発症してしまったら、これにプラスして運動療法も取り入れてください。

▼関連記事
糖尿病運動療法の効果とは?

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る